食と映画と音楽と。

日々、感じたことを、ぽつぽつと。たまに、フカボリ。

Family Song 発売日

今日は待ちに待った、星野源10thシングル「Family Song」のリリース日です!

やっと手に取ることができた・・・( *´艸`)

もうね、めちゃくちゃ嬉しいです!

ファンで良かった~って、いつも以上に思える特別な日ですよね。

 

 

\じゃじゃーーん!/

初回限定盤と通常盤の2枚買いです!!

f:id:ybnam:20170816231733j:plain

最近はずっとこの買い方してます(笑)

初回を買うなら通常盤は要らないのでは…?と思われる方もいると思いますが

源さんの作るCDはジャケットも凝っていて

2つとも違うデザインなので

どうしても両方欲しくなっちゃうんですよね~~ !(^^)!

(この写真だと同じに見えますが、

 実は初回盤の本当のジャケットはカバーの中に隠れてます♪)

 

 

特典のクリアファイルもGETできて、大満足です♡

明日は1日お休みなので、家でCDを聴いて初回DVDを観て

久々にゆっくり過ごそうと思ってまーす!

 

 

そのうちカップリング曲についてもブログ書きたいなぁ~

なるべく早めに!忘れないうちに!!(笑)

 

映画の予告編

今日は、日頃から感じている「映画の予告映像」の素晴らしさについて !(^^)!

 

 

映画の上映時期が近づくと、Youtubeなどで解禁される予告映像。

それがきっかけで、興味を持つことも多いですよね!

 

120分くらいの映画の概要を伝えつつ、

「面白そう」「本編を観てみたい」と思わせる内容で30秒にギュッとまとめるのって

実際はすごく難しいと思うんです。

だから、予告編の制作者はほんとにすごいなって最近思う。

 

予告が面白くて本編を観に行ったら、

うーん、そこまでじゃなかったな、なんてこともあるくらい。

(これは問題ありますけどね・・・笑)

 

本編を観たあとに家でもう一度予告編を見る、というのを

普段からよくやってて気づいたのですが

予告編の映像って時系列が結構ぐちゃぐちゃなんですよね。

音声と映像が合ってなかったりもする。

 

それでもどんな映画かはちゃんと伝わるし、

たった30秒でもグッと引き込まれるから凄い。

いかに面白い予告を作るか日々奮闘されてる方にも、

予告を何回も見てる変わったヤツもいるんだよってことが

伝わるといいんだけど・・・!

これからも素晴らしい映画予告を楽しみにしております!!

 

 

この秋も、気になる新作映画がいっぱいで楽しみだーー♡

我が家に"Fire TV Stick"がやってきた

先日、母がamazonで注文していたFire TV Stickが届いた。

 

登録された過去の映画・ドラマ・バラエティが見放題で、充実のラインナップ。

さらには大画面でYoutubeまで見れてしまうという・・・うん、言うことなし!

https://www.amazon.co.jp/Fire-TV-Stick-New-%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB/dp/B01ETRGGYI

 

新作は見れなかったり有料だったりするが、

見逃したドラマも映画も、少し前のものならいくらでも見れる

Youtubeでお気に入りのMVをテレビで流して、踊り狂うこともできちゃう☆

こんなに最高なアイテムがあったなんて…( *´艸`)♡

これは夏休みに大活躍すること間違いなしだ!

お母さんありがとう!!

 

母はM-1グランプリをさかのぼって見られることを発見して喜んでた(笑)

10年分くらいあるらしい

 

 

まだ使い始めて間もないので、使い勝手とかは分からないですが

機能には大満足しております!

これからたくさん使っていくぞーー!

コレサワ

「コレサワ」という名で音楽活動をしている

シンガーソングライターをご存知でしょうか。

 

メディア上では頭に着ぐるみ(れ子ちゃん)を被って顔を隠して出演し、

ライブでしか顔を見られないという”覆面女子”なのであります。

 

そんなコレサワさんが8月9日にメジャーデビューされたそうな!

おめでとうございます!!!

 

めちゃくちゃ声がいいんですよ。

透明感があって好きです。

そしてメロディも歌詞もMusic Videoも、

すべてがキャッチーでクセになる!おすすめしたい!

というわけで、MV紹介レッツゴー(^^♪

 

 

J-POP

www.youtube.com

この曲でコレサワさんを知りました!

1年ほど前に某音楽番組でサビの部分だけMVが紹介されてたのですが

数秒だけでも強烈に印象に残ったのを覚えてます。

キラキラかわいい( *´艸`)

 

 

たばこ

www.youtube.com

有名アーティストがカバーしたことでも知られる、コレサワ代表曲の一つ。

切なすぎる失恋ソング。

女の子なのに、一人称が”僕”なところもまた良いです。

ライブとかで聴いたら泣いちゃうかも。

 

 

SSW

www.youtube.com

最新のMV

失恋ソングだけど前向きで明るい曲。

ストーリーもよく出来てて、飽きずに見てられる。

アニメーション全部かわいい( *´艸`)

 

 

あたしを彼女にしたいなら

www.youtube.com

女ってめんどくさい生き物ですね、でもこれが本音かもしれない…。

一番共感した歌詞が

「映画の予告で泣いちゃうくらい

 泣き虫だけどいいですか」

もっと他にあるやろ!ってツッコまれそうですが(笑)

(ほんとにこの前予告でぽろぽろ泣きました。)

 

 

いかがでしたでしょうか。

まだ他にもMVあるので、気になった方はチェックしてみてください!

過保護のカホコ 5話

ラストシーンのインパクトが強すぎて、ちょっとストーリー忘れかけてますが

5話の感想いきたいと思います!(笑)

 

 

親離れ、子離れができない家族って最近多い気がします。

過保護だけじゃなく、核家族化も影響しているのでしょうか・・・

 

私は少しでも早く親離れしたい派です。

これまでさんざん苦労をかけたからこそ、自立して安心させたい。

自分で稼いだお金で一人暮らしがしたい。

親には今より楽な暮らしをさせてあげたい。

とにかく家を出たい、みたいな気持ちよりも

自分のことに責任もって、自分一人でも生活できるくらいの

立派な大人になりたいという気持ちが強いんです。

 

大学の友達で地方から出てきて一人暮らししてる子は

身の回りのことを全部一人でやっていて

もちろん家事も自分でしていて

自立しているなって焦りを感じることもあります。

実家暮らしでは、なんだかんだ家族に頼ってしまって

いつまでたっても自立できないと思うんですよね。

だったら環境を変えるしかないかな、と。

でも、社会人になったら一人暮らししたいと親に話しても納得してもらえず

とりあえず自分のことは自分でできるようになってからね、と

言われるのがオチです。

それができないから言ってるのに~~!

 

 

カホコの場合はどうでしょう。

家事をやったことがないレベルだと、親離れのハードルは相当高そうです。

いまの状況だとちょっと無理そう・・・?

 

噂のラストシーンは、お姫様だっこからの交際申し込み( *´艸`)

怒涛の展開からの次回予告!胸キュン台詞を連発!!

(テレビの前の全女子が瀕死状態でしたよ)

勢いが良すぎる。

かっこいいがすぎる。

演技どうこうの前に竹内涼真がすごい。

こんなに爽やかな男性がこの世に存在しているのが不思議だ。

↑脳内はこんな感じでした(笑)

 

次回は2人の仲が急接近すること間違いなしですね!

心の準備、しておきましょう。

マイルールを決めること

私は買い物が好きだ。

スマホをいじるのが好きだ。

 

そして、その「好き」の衝動を、制御するのが苦手だ。

 

自分の好きなものを集めだすと止まらないし

スマホも、気づいたらSNSyoutubeで1-2時間は過ぎていることや

気になったことをすぐにググり、ネットサーフィンが始まってしまうことは

日常茶飯事だ。

要するに、わたしは物欲と好奇心と集中力のカタマリなのだ。

 

自分で制御できないのなら、

ルールを作ってそれを守るようにするしかない。

という考えに、先日到達したのである。

(何だよ当たり前じゃん!という声が聞こえてきそうですが

 どうか最後までお付き合いくださいませ)

 

私の部屋には星野源のCD、DVD、関連雑誌が溢れている。

マイルール①雑誌は表紙や特集といった充実の内容で、読み返したいものだけ買う

マイルール②音楽CDは星野源以外は買わない

これにより、雑誌は本棚になんとか収まっているし、

先日ブックオフで超特急のシングルが400円なのを見つけてしまったが

買いたい気持ちを何とか飲み込むことができた。

(買うのは簡単だけど捨てるのって難しいですからね・・・)

ある程度の効果はあるようだ。

節約になるのも嬉しい。

 

そして、スマホ依存も厄介な問題。

マイルール③スマホを家でいじるときは、立ちながら。

座りながらや寝ころびながらの楽な体勢ではなく

立つことで少しでもいじる時間を短くしたい。(これはまだ仮説段階)

マイルール④ブログはPCからのみログインする

これは、スマホでできることを少しでも減らすための工夫だ。

1台で何でもできるところがスマホの長所だが

あえてその機能を減らすことで、行動を制限している。

ログインパスワードを覚えられないものにして、パソコンに記憶させているので

スマホからはアクセスできないようになっている。

それによって、家にいる時間にパソコンでブログを書く習慣がついた。

この工夫はうまくいっている。

 

自分との約束を果たして、自分をコントロールするという

新しい試みをこれからも続けていって

どんどんルールを増やしていきたいと思う。

東京喰種

映画「東京喰種」を観てきました!

 

 

これまた原作がマンガみたいですね
お察しの通り、これも原作の内容をよく知らないのですが…

新鮮な気持ちで観てまいりました!!

原作が映像作品には出せない良さを持つのと同様に

映像作品も原作にはない良さを持っていると思うんですよね。

なので、全く別のものとして楽しんでおります(^^♪

 

けっこうグロテスクな内容だろうと覚悟していたのですが

予想以上に描写がグロくてリアルでしたね。

(それだけ原作に近いということなのかも知れませんが)

あまり得意ではないので、何回か目をつぶってしまいました(汗)

戦闘シーンは迫力満点でカッコよかったです。

 

・・・ではなぜ観に行ったのかって??

それは、仲良しの友達がヒデ役の小笠原海くん(超特急メンバー)のファンで、

一緒に観に行く約束をしてたからです。

私もカイくんの俳優活動を見てみたかったので。

ただ、その時はこの映画がここまでリアルな感じだとは思わなかったですね。

 

でも、観て後悔したかというと、そんなことは全くないです。

観終わったあとも余韻に心を掴まれる、美しく素敵な映画でした。

喰種としてこの世に生まれてしまった運命を恨み、人殺しであっても

それでも生きたいと望む喰種たちの葛藤が強く胸に響きました。

覚悟を持って仲間のために戦う姿に心打たれました。

家族の愛、永遠の友情といった感情が喰種にも存在するのですね。

普通の人間に憧れ、人間みたいになりたくてもなれない自分に

苛立ち、怯え、傷つき・・・。

人を殺して食べるという、悪いことをしているのは分かっているけれど

それでも生きるためには人を食べるしかない。人しか喰えない。

そういった喰種の切ない心情がスクリーンから浮かび上がっていました。

 

 「喰種は人間にとって”悪”かもしれないけど

 喰種を駆逐するのが正義とは限らない」

たしかにそうだよなぁ、と思いました。 

 

 

運命って、何なんでしょうね。

誰も決して抗うことができない道を

気づかぬうちにみんな歩いているのかもしれません。

 

 

グロいの苦手な方にはあまりおすすめできないですが、

蒼井優さん(リゼ役)の怪演には息をするのも忘れるほどの迫力があります。

蒼井さんをはじめ、清水富美加ちゃん、相田翔子さん、桜田ひよりちゃんといった

脇を固める女優さんたちの素晴らしい演技が光る作品とも言えます。

 

気になっている方はぜひチェックしてみてください!!